反知性主義

虎ノ門ニュース、チャンネルくらら、ネットニュース・動画の文字起こしや他ブログの引用など。

【青山繁晴】「慰安婦日韓合意」がもたらした在米邦人の窮状と未来への禍根



私は在米34年の日本人です。
日韓合意における、いわゆる慰安婦の問題について、日本政府は日本軍の関与を認めました。
日本国外務省のホームページでも確認できます。
日本軍の関与というあいまいな表現により、海外では大きく誤解され、それが事実のごとき報道もされています。

そのうえ日本では慰安婦像が撤去されれば問題解決になるがごときの報道ぶりに思います。
海外に住む日本人、特に在米日本人にとっては、慰安婦像だけが問題ではないのです。
学校や地域のイベントなどで在米韓国人の子供たち、または韓国系アメリカ人の子供たちが、いわゆる慰安婦のリポートを発表することです。

彼らは本当に日本人によって韓国人が強制連行され、性奴隷にされたと信じ、人権運動の一つとして訴えているのです。
それらは大変よく評価されることもあり、賞をとってローカルニュースになることもありました。
そのような状況下、自分の子供が不快な気分になったり、いじめにあったりしないかどうかの心配を大声をあげて世間に訴える日本人はいませんが、日本人はこの状況を受け入れてる証拠などと日本政府や朝日新聞の都合のいい解釈をしないでください。



理由は事を荒立てたくないからです
慰安婦像の件と違って、相手は中学生や高校生でありますし、彼らは良心で訴えていることが伝わるだけに、日本人として意見しづらいのです。
日本国に住んでいる日本人の方々、上記の状況下で自分の子供のことがまったく気にならない、心配したことがないという日本人の親がいるとお思いですか?
日本人の子供が日本人であることを恥じて、忌避する状況を想像できないのですか?

在米日本人で子供を持ってる親は間違いなく一人として例外なく子供の学校での様子を心配しています。心配するほどでもないと言う人も、少なからず気にかけています。
日本人の親は自分が日本人であるがゆえに上記の状況下における自分の子供のことを気にかけ、心配するのです。



日本人の親は海外で不馴れな中、たどたどしい英語で必死に子育てを頑張っているのです。
ただでさえ大変なのに、朝日新聞の誤報から始まった上記の心配事が増えたことは精神的な負担、それは慰安婦問題の実害です。
子供がいじめにあうことだけが実害ではありません。
そして日本政府の、日本軍の関与という大雑把という表現により、海外で誤解されて報道されたことは、先人の名誉と尊厳を深く傷付けたことは言うまでもありませんが、日本人自身の名誉と尊厳を傷付け、将来に禍根を残すことになると思います。


最後に、日本国に住んでいるので自分は慰安婦問題に関係ない、他人事だと思っている全ての日本人に忠告いたしたい。
近い将来、米国には初の女性大統領、初のヒスパニック系大統領、そして初の中国系大統領が現れるでしょう。
そのとき依存中毒の日本人はきっと日系アメリカ人に期待するでしょうが、日系アメリカ人は反日であっても決して親日であるはずがありません。
なぜなら彼らは子供のときから日系であることを恥じ、忌避して育っているでしょうから。

このままではアメリカに親日アメリカ人など、ほとんどいない状況になる可能性は高いでしょう。
それが日韓合意問題の、アメリカにおける将来の禍根ではないでしょうか?



日本政府の海外発信の弱さは在米日本人や日系アメリカ人の子供たちへの思いやりの欠如というだけではないのです。
彼らはこのアメリカて選挙権を持っているアメリカ人であることを忘れないでください。
特にアメリカ人と日本人のハーフの数は日本国の日本人が想像する以上に大変多いのです。
数がモノをいう民主主義にあって、その子供たちを親日にできない日本国は情けない限りです。

これから先、アメリカは日本に対して厳しい態度であろうことが予想されるにも関わらず、いままでの状況のまま、30年、50年と日米安保を続けられるでしょうか?日本にメリットはあるのでしょうか?
早急に日本政府がいわゆる慰安婦の問題についての歴史的事実を具体的に示し、海外での誤解を解くように海外向け発信することを、日本国に住む日本人が日本政府に働きかけないと手遅れになります。
その手遅れこそが、将来の日本、そして日本人にとっての日韓合意の禍根になるのではないでしょうか。



////////////////////////////////////////////////////////////////////
そもそもなぜ日本政府が「軍の関与」などと必ず誤解を受けるとわかりきった表現を使ったかということについて、私は質問者とも青山繁晴さんとも違う見解を持っています。
優秀な外務官僚、そして言葉を武器に戦うはずの政治家が、この表現が誤解を受けるということがわからなかったはずがありません。
であれば、「わざとこの表現を使った」と考えるのが自然です。
本当は彼らは世界に対して「日本は強制連行で性奴隷にしたんだー!」と大きな声で言いたいのです。
しかし国内の批判が怖いので、わざと「軍の関与」という表現で外向けには「韓国が主張する意味での慰安婦」を認めつつ、うち向けには「いや、衛生管理とかそういう意味だよ」と言い訳をしているのです。



安倍首相がどういうつもりで合意に乗ったのかはわかりませんが、このような意思を持つ合意を承認したのですから、その責任をとる、またはそのツケを払う必要があるでしょう。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。