反知性主義

虎ノ門ニュース、チャンネルくらら、ネットニュース・動画の文字起こしや他ブログの引用など。

【江崎道夫】日本がアジアに示した希望!マレーシアのルックイースト政策から今の日本人が学ぶべきこと




・30年くらい前にマハティールという総理大臣がいた。アジアでも有名な政治家。
1981年に総理大臣になったときに、ルックイースト政策といって日本に学べ政策をやって日本ブームを東南アジアに作った。
・トランプ台頭の秘密(著書)の後ろのほうにもこの話が。
・マハティール総理のブレーンにインタビューしたことがある。
・一国の独立には三段階ある。
  1.政治的独立
  2.経済的独立
  3.文化的、精神的独立



・マレーシアは1957年にイギリスから政治的に独立を果たしたが、経済はイギリス植民地政府の代理人だった華僑に牛耳られていた。
・その結果、経済的に厳しい状況、マレー人はいつまでたっても華僑に頭が上がらない。
・是正のためにブミプトラ政策、マレー人優遇政策をやって、金融と流通の中にマレー人が出ていくことで、バランスのとれた経済を取り戻そうとした。
・そういう政策で経済的な独立をしたが、一番大変だったのは精神的・文化的独立だった。
マレーシアの歴史を書いていたのはイギリス人だったので、マレーシアの歴史の教科書なのに、マラヤの独立運動の歩みが「反乱」と書いてある。
・イギリス人に対して反乱を起こしたと書いてある。
・マレーシアは独立したにも関わらず、自分の国の歴史教科書では、先人たちの独立の歴史が反乱と教えられていた。
あたかもイギリスの属国であり続けることが正しいんだと歴史教育で教わるような状況だった。
・近代産業国家になるためには、キリスト教国家でなければいけないという考え方。(マックスウェーバー)
・マレーシアはイスラム
近代産業国家になりたければ先祖代々のイスラムの教えを捨てろ、イギリスに帰依しろというようなことを自分たちは教えられてきた中で、どうやって自分たちは精神的に独立国家になったらいいのか?
キリスト教国家じゃないのに近代産業国家を作った国がただひとつある => 日本!
・日本を学ぶことで我々は先人たちの精神的遺産や宗教を変えなくても近代産業国家を作れる!



マラヤの独立運動はイギリス植民地政府に叩きのめされ続けた。
欧米に軍事的にかなわないという劣等感を持ち続けていた。
しかし大東亜戦争のシンガポール作戦で日本軍は瞬く間にイギリス軍を蹴散らした。
・イギリス軍の戦艦2隻を撃沈したことが今のマレーシアの教科書に大きく載っている。
・これは日本が素晴らしい、大東亜戦争が素晴らしいとかじゃなくて、アジア人でも欧米人に軍事的に勝てるんだというモデル。
我々は欧米の属国じゃなくてもいいんだし、欧米に勝てるんだというモデルとしてマレー・シンガポール作戦を歴史教科書で教えるようにしている。
・この2つの意味で、欧米の属国じゃない、我々マレー人の手でやっていけるんだという自信を取り戻すモデルとして日本というものを学べというのがルックイースト政策。



東南アジアの国々は、非キリスト教国家で、なおかつ欧米と戦い軍事的に勝てる、そういうモデルを日本が示した。
・そのモデルこそアジアにとってとても重要な意味を持っている。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


マレーシアを日本に、イギリスをアメリカに読み替えてもなんとなく意味が通じてしまいそう。
アメリカには勝てない、アメリカの属国であることが正しいんだと教えられてきたような私たちですが、マレーシアのように現代の私たちもかつての日本に学ぶべきかもしれません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。